スタッフBlog

修理はどこで誰が行いますか?

LEDセンター専属のスタッフが、日本でドット抜けの修理(ハンダ付け)を行います。

修理部品の在庫のものがないものや、工場機械を使わないと修理のできない、超高精細モデルは、中国に返送し、中国のメーカー工場での修理となります。

3mm未満のファンピッチのものについては、自動ハンダ付けマシンの導入を検討中です。

最近の記事

おすすめ商品

  1. インドア 3.75mm
  2. Hondaの最上位モデル発電機 EU55is(5.5kVA)
  3. アリーナ天吊4面LEDディスプレイ( バスケットボール競技用)
  4. 160インチ特別コミコミセット
  5. (中古販売)インドア・アウトドア両用 3.9mmピッチLEDディスプレイ
  6. (中古販売)インドア・アウトドア両用 2.6mmピッチディスプレイ
ページ上部へ戻る