スタッフBlog

LEDディスプレイの修理をしています(主にモジュールのドット抜け)

LED CENTERでは定期的にLEDビジョンの修理をしています。

一番多い故障は、LEDランプが全く映らなくなったり、RGBのうち1-2色しか発色しなくなるドット抜けです。1つの素子の大きさが1-2mm角程度のLED素子が欠ける原因は、組立の時の衝撃がほとんどで、その他は湿度などです。そのため、角のドットが一番欠けやすいです。

現在主流のSMDは、LED素子を基盤にハンダ付けしているものなので、修理もLEDチップを手作業で1個ずつハンダ付けです。ここに表面保護のマスクを剥がしたり、屋外用の場合は防水コーキングが加わります。

写真の作業の行程は以下の通りです。
欠けたLEDチップの確認 -> モジュールをLEDタイルから外す -> マスクを剥がす(36箇所のネジを外す) -> 防水コーキングの除去 -> LEDチップの交換(ハンダ付け) -> 防水コーキング(屋外用のため) -> マスクをつける(ネジどめ) -> モジュールをLEDタイルに戻す

細かい作業です。針のようなハンダごての先端。

モジュール毎にどこのドットが欠けているか印を付けます。

LED CENTERはPANDASTUDIO.TVによって運営されています。

LED CENTERPANDASTUDIO.TVによって運営されています。最高のLEDビジョンをお届けするために、LEDディスプレイメーカーと開発・協力体制を取っています。ショールームで実際のLEDディスプレイを展示しており、いつでもご見学いただけます。保守メンテナンスの拠点や、自社トラックを用いた物流拠点も自ら運営しています。LEDディスプレイだけではなく、ビデオ撮影、スイッチング、中継、映像制作などのコンテンツ作成までワンストップで提供します。

インターネットライブ配信・生中継ならPANDASTUDIO.TV

PANDASTUDIO.TVでは、インターネット生中継〜テレビ生中継まで広く対応しています。ニコニコ生放送、YouTube Live、USTREAM、AbemaTV、FRESH!、LINE LIVE、Facebook Live、LiveStream、Twichなど、日本で最も多くの同時生中継(サイマル放送)に対応しています。

お問合せフォーム

(必須)お名前
(必須)メールアドレス
(任意)郵便番号
(任意)都道府県
(任意)ご住所
(任意)お電話番号
(必須)お問合せ内容
(必須)お問合せ本文

関連記事

スタッフBlog

おすすめ商品

  1. 205インチ特別コミコミセット
  2. インドア 3.75mm
  3. バナーLED表示システム
  4. フロア用3.9mm (インドア・アウトドア両用)
  5. インドア・アウトドア両用 3.9mm
  6. インドア・アウトドア両用 2.6mm
ページ上部へ戻る